便秘にヨーグルトは効かない?相性と食べる時間は朝?夜?

ヨーグルトは便秘に効く?
Pocket

『目次』

  1. 便秘にヨーグルトは効果なしって本当?
  2. ヨーグルトと相性のいいオリゴ糖って?
  3. 一日の摂取量はどれくらいがいいの?
  4. ヨーグルトを食べるベストなタイミングは?
  5. 食べるとすぐにうんちが出るような即効性はある?
  6. 冷えたヨーグルトよりもホットヨーグルトがおすすめ!

1.便秘にヨーグルトは効果なしって本当?

「ヨーグルトを取るとビフィズス菌が取れて便秘が改善するよ」と聞いたことがある人は多いと思います。

ビフィズス菌は腸内の善玉菌となって、腸内環境を整えてくれる役割があります。

そのためヨーグルトでビフィズス菌を取ると、便秘が改善しやすいと言われているのです。

しかし、

ヨーグルトを食べても、便秘が改善しないという人も多いです。

なので、便秘にヨーグルトは効果ないと思っている人もいますが、ヨーグルトの種類や食べ方に問題がある場合があります。

 

というのも、ビフィズス菌というのは、胃で消化されてしまうので、普通のヨーグルトを食べても腸に届く前にほとんどは死んでしまうのです。

つまり、ヨーグルトを食べても腸内のビフィズス菌は増えないということです。

そこで便秘の改善を意識するのであれば、ビフィズス菌が腸まで届くように工夫されているヨーグルトを食べるようにしましょう。

例えば、ダノンビオ、ビヒダスヨーグルトなどですね。

こういったヨーグルトを食べることで、腸内のビフィズス菌を増やすことができます。

 

ただし、これを食べても便秘が改善しない人もいます。

すでに便秘の場合、腸内に悪玉菌の塊である便があるので、どうしても善玉菌の働きが弱まってしまいがちです。

また、便秘になりやすい人は悪玉菌が溜まりやすい人でもあるので、ヨーグルトのビフィズス菌だけでは、力が足りてないことが多いのです。

そこで、ヨーグルトと非常に相性がいい「オリゴ糖」を一緒に摂取するといいでしょう。

2.ヨーグルトと相性のいいオリゴ糖って?

オリゴ糖の役割としては、ビフィズス菌のエサになるのです。

ビフィズス菌のエサとなるものを補給することで、ビフィズス菌の働きが活性化されて、腸内環境がよくなりやすいです。

便秘の場合でも悪玉菌に負けずに働いてくれるので、便秘に悩んでいるならオリゴ糖と一緒に摂取するのがいいでしょう。

 

ちなみに、オリゴ糖を摂取するときに市販のものを使うのはあまりお勧めしません。

スーパーなどで売られているオリゴ糖には、多いものでも30%ぐらいで、砂糖や水飴、食品添加物などが入っているものが多いです。

オリゴ糖を摂取しようとして、糖分の取り過ぎになり健康にもよくないので、純度が高く粉末のオリゴ糖を使うようにしましょう。

>>ヨーグルトの力を120%発揮させる今人気のオリゴ糖の詳細はこちら

3.一日の摂取量はどれくらいがいいの?

ヨーグルトの食べ方

ヨーグルトの一日の摂取量の目安としては、「100~200g」です。

人によって適量が違うので、様子を見ながら増やしたり減らしたりするのがいいでしょう。

また、何日かにたくさん食べるよりも、毎日食べる方が効果が高いです。

ビフィズス菌も排出されてしまうので、こまめに補給してあげることが大事です。

便秘の改善だけでなく、予防も意識するようにしましょう。

4.ヨーグルトを食べるベストなタイミングは?

便秘のことを意識するのであれば食べるタイミングは

「夕食後」

が最適です。

というのも、ビフィズス菌は胃酸に弱いので、食前に食べてしまうと胃酸にやられてほとんど残りません。

他の食べ物が胃の中にたくさんある状態の方が、ビフィズス菌が生きたまま腸まで届きやすいです。

 

また、腸がよく活動するのは、副交感神経が活発な時です。

副交感神経が活発になるのが、寝ている間なので、夕食の時に食べるのがいいのです。

寝る前に食べてもいいでしょうが、胃酸のことを考えると夕食後がいいです。

 

ちなみに、これはあくまでベストなタイミングであって、それ以外の時間に食べてはいけないわけではありません。

もちろん毎食後食べても全く問題はありませんよ。

5.食べるとすぐにうんちが出るような即効性はある?

「できれば便秘をすぐに改善したい!」という気持ちは分かりますが、なんにでも即効性があるわけではありません。

ヨーグルトとオリゴ糖を組み合わせることで、腸内環境の改善スピードは速まりますが、それでも個人差はあり、1~2週間程度は様子を継続する必要があります

もちろん中には1日後に、うんちが出たという人もいます。

 

それに便秘の改善というのは1回出ればいいというものではなく、排便に悩まなくなることを指します。

すぐに出したいのであれば、便秘薬や整腸剤を使う方が手っ取り早いですしね。

なので、ヨーグルトに対して過度に即効性を求めるのではなく、長期的に便秘が改善を目指して食べるようにしましょう。

6.冷えたヨーグルトよりもホットヨーグルトがおすすめ!

冷たいヨーグルトを食べると、腸が冷えて動きが悪くなってしまうことがあります。

これはヨーグルトだけではないのですが、冷たいものを摂取すると体内が冷えるので、内臓の働きが弱くなります。

腸の働きも弱くしないようにするためにも、あまり冷たいものを取らないようにしましょう。

 

普通ヨーグルトと言ったら冷えているので、温めてホットヨーグルトにするといいでしょう。

ホットヨーグルトの作り方は簡単で、電子レンジで30~60秒くらい温めればOK。

ただし注意点としては、電子レンジで温め過ぎると菌が死滅してしまうので、ほどほどにしましょう。

まとめ

ヨーグルトを食べるときには、ビフィズス菌が腸まで届くものを食べるようにしましょう。

また、ヨーグルトとの相性が最高にいいオリゴ糖と一緒に食べることで、より腸内のビフィズス菌を増やすことができます。

また、冷えが気になる場合には、少し温めてから食べると体にいいですよ

>>ヨーグルトと相性バッチリ!日本一売れているオリゴ糖の詳細はこちら

Pocket

アラサー過ぎてから急に太りやすくなったあなたへ

diethenkamatome

・運動嫌いの人が4ヶ月で10kg以上痩せた
・他のダイエットで挫折した人が3日で-4kg!
・甘い物好きでも5kg痩せて体型キープ!

チャレンジした人の90%が
成功しているダイエットを
美容メルマガにて無料公開中!

少しでも体型が気になっているなら
今すぐこちらから登録してください。

*メールアドレス 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

登場人物

高野トモコ
s-mama1

出産を終えたばかり26歳主婦
産後に起こるトラブルの解決方法を探し中。
出産前よりもきれいな体になることを目標に頑張っています!

 

佐々木 凛
s-mama2

32歳主婦で、すでに2回出産しているベテランママさん。
昔はトモエの会社の先輩で、今はよくお茶する友達。
頼りになる姉さん的存在。でも、少し厳しい…

 

長谷川 宏一
s-sensei01

スマイリー病院で勤務のお医者さん。
高野トモコが出産した病院の先生でもあり、凛さんの知り合いでもあるお方。
産後の女性特有の悩みや子育てについての知識が豊富。
知的でさわやかな魅力に惹かれ、患者さんの中でファンコミュニティができているという噂も。

 

 

※登場する人物は架空の存在であり、実在の人物とは一切関係がありません。